Add to Google My Yahoo!に追加

春はあけぼの

春はあけぼの。

→ 春は明けがた(に限る / が一番だ)。
 
やうやう白くなり行く山ぎは、少しあかりて、紫だちたる細くたなびきたる。


→ だんだんと白んで行く、山際の空が、ほんのり明るくなり、紫がかった雲が細くたなびいている(のが美しい)。
 

夏は夜。

→ 夏は夜(に限る / が一番だ)。


月のころはさらなり、やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。

→ 月が出ている頃は言う間でもない。(夜更け前の)闇夜でも、やはり、蛍がたくさん飛び交っている(のが趣がある)。

また、ただ一つ、二つなど、ほのかにうち光るて行くもをかし。

→ また、ほんの一匹か二匹が、かすかに光って飛んで行くのも、風情がある。


雨など降るもをかし。

→ 雨が降るの(さえ)もいい。

秋は夕暮れ。


→ 秋は夕暮れ(に限る / が一番だ)。

夕日のさして山の端いと近うなりたるに、からすの寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。


→ 夕日が差して山の端にたいそう近くなったところに、からすが寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽、と急いで飛んで行くのも、しみじみと趣がある。

まいてかりなどの連ねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。

→ (カラスでもそんな趣があるのだから) ましてや雁などが列をなして、(空高く) たいそう小さく見えるのさえ、しみじみとした趣がある。
 
日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

→ 日がすっかり沈んで、風の音や虫の音などが聞こえてくるのは、また、言いようがないほどである。


冬はつとめて。


→ 冬は早朝(に限る / が一番だ)。

雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るもいとつきづきし。

→ 雪が降った朝は言う間でもない。霜が真っ白いのも、またそうでなくても、たいそう寒い朝に、火などを急いでおこして、炭火を持ち歩いて行く(廊下などを渡る)のも、(冬の朝の雰囲気に) まことにふさわしい。

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。

→ 昼になって、寒さがゆるんでいくと、火鉢の火も白い灰が増えて、美しくない。





※ruff ruff よりコメント 

なんだか、とってもよく情緒が伝わってきますね☆
1000年以上も昔の人も、現代の人も、やはり共通する感情を持っていたのですね♪
春は、あけぼの、、、日が早く昇るようになってきて、清少納言もなんとなく、ワクワクしたのでしょうか:)

夏は夜、、、ろうそくしかなかった平安時代は、特に、蛍は、まさに幻の虫だったのでしょうね☆
秋は夕暮れ、、、夕暮れたなびく中、カラスが飛んでいく、あのなんともいえない寂しげな感じ、、、そして、涼しい虫の声、、、
冬は早朝、、、急いで火を起こしたりする姿、その火が昼になったらすっかり燃えつきて、灰になってしまっている。

ちょっとその、白くなった灰を、指先で触ってみたりもしたかもしれません、、、
そんな何気ない、日常、だけど、みんなが知っている日常にふと目をやり、味わい、随筆にしてみる、清少納言の姿★
ああぁぁぁ、とても、趣がありますねぇ〜☆ 

良いのぅ〜〜♪ 良いのぅ〜〜♪♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。